├おうち作り 設備・内装

◆窓枠 有り無し選べるって知ってますか?

おはようございます。

間取りと片づけで家族を仲良くしたい!
【おうち作りカウンセラー】
一級建築士
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
ハギヤマジュンコです。

窓枠って選べるんですよ!

選ぶ!選ぶ!選ぶ!決める!!!と選択事項が延々と続いていくおうち作り。

こんなに決めることが多いんや・・・とみんな一度は思うはず!

知らないと標準仕様のままで進んでしまうので、しっかり選べることを知ってほしいと思っています。

 

標準仕様の話なんかはコチラも参考になりますよ↓

あわせて読みたい
◆家づくりで失敗しないために!建ってからでは遅いんです!おはようございます。 間取りと片づけで家族を仲良くしたい! 【おうち作りカウンセラー】 一級建築士 整理収納アドバイザー ...

 

今日は窓枠の話

窓枠って何?とお思いかもしれませんが、窓っていろんなパーツからできていて、大きくは「ガラス・サッシ・枠」に分かれます。その中の窓枠のお話しです。


枠って意外と大事で、壁紙とサッシを上手く見切る部材でもあって、(建築では見切りってすごい大事なんです。また見切りの話も来週書きましょう!) 装飾の一つでもあります。

なので、もちろん好みによって窓枠の有無を選ぶことができるんです。

インテリアにも大きく関わってきます。
シンプルが好みであれば枠無しを選ぶとか、枠の色を白にしてクロスとなじませるとか、できることを今日は知ってくださいね。

窓枠有ってどんなの?

どちらかというと窓枠有が標準仕様です。なにも言わなければ窓枠有で家が出来上がってくると思ってください。

↓サッシの周りにグルリと枠が回っていますね。

窓枠無しってどんなの?

  • 4方向枠無しでクロス巻き込み
    (クロスが巻き込まれてサッシに当たっているのがわかりますか?)
  • 3方向枠無しで下台のみ枠がある3方クロス巻き込み
    (下台のみ薄い枠が入っています)

 

我が家はほぼ3方枠無しです。

理由は、シンプル好みなので枠無しにしたかった!
4方クロス巻き込みだと下台もクロスになって、掃除がしにくいと工務店さんから指摘をされたから。
枠があると水ぶきが可能ですが、クロスだとそうはいきませんよね。


こんな感じで下枠のみ付けてもらいました。下枠もかなり薄いので存在感あまりありません。

 

壁の仕上げがクロスだけでなく、塗り壁でもよく窓枠無しを採用されていますね。すごいステキな空間になりますよ。

窓枠なしのメリット・デメリット

メリット

  • 枠がないことですっきり見える
  • 枠がない分コスト削減
    ※これはHMによるかも。余計な手間がかかるととられコスト増になる場合も。

デメリット

  • 角部分が破損しやすい(こすれたりして汚れやすい)
  • お掃除がしにくい
  • サッシの結露で痛む場合も有り(これは枠を回していても起こりえますのでクロス巻き込みに限りません)

まとめ

いつもお伝えしていますが、まずは選べることを知ってください

そのうえでメリット・デメリットを踏まえ採用するかしないかを選ばれるといいと思います。

枠無くせたんや!
知ってたらしたかったのに!

が一番言ってほしくない言葉なんです。





「おうち作り」取り返しのつかない10の失敗例


知らなきゃ損する!10日間無料メール講座
〜家を建てるなら損しないためにコレだけは知っておきたい〜
「おうち作り」取り返しのつかない10の失敗例

家作りに役立つ、ワタシが今まで聞いたことのある失敗談をまとめました。

すでに読まれた方からは、「もっと続きが読みたい!」「こんな失敗しないように家作りしようと思いました!」とご感想をいただいています。
ぜひ、あなたの家作りに役立ててください。

家を建てて本当に良かった!と思えるように!
もっと○○しとけばよかった!と後悔しないために!

 ご購読はコチラ


 
■お問い合わせはこちら■


・講師ご依頼

・執筆依頼

・各種ご相談はこちらから

お問い合わせ


 

アメーバ公式トップブロガーとしてブログ書いてます。
65点の暮らしかた、子育て、モノ選びなんかを綴っています。
フォローしてくてくれると嬉しいです。



 

最近よくお問合せいただく、
ハギヤマの家で実際に使っているものやおススメグッズを楽天ROOMに集めました。



 

インスタほぼ毎日更新しています。フォローしてくださるとうれしいです⚘
Follow Me

 

応援クリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村

にほんブログ村

合わせて読みたい

Copyrighted Image