プロフィール

お片づけは得意ですか?

家族はお片づけできますか?


コンニチワ。
はじめまして。

整理収納アドバイザー、
親・子の片づけマスターインストラクターの
ハギヤマジュンコです。

大阪府泉佐野市に
同い年のとおちゃん(THE捨てられないオトコ)

保育園に通うムスメ(THEいやいやガール)
の3人で暮らしています。

ワタシはズボラで面倒くさがりです。

ワタシはすごくズボラです。
そして超がつくほどの面倒くさがり。
さらに収集癖があります。
今は少しマシになりましたが…

今のお家に越してくるときは
(2011年のことです)
北欧インテリアにどハマりしていたのもあり
飾りたいもの!
使いたい食器!
憧れの家具!
と多くのモノと一緒に
引越し業者さんも引く勢いの量の荷物で
引越ししてきました。

しばらくは夫婦2人の生活だったので
多少モノが多くても不便もなく、
フルタイム勤務でも、
ほどぼどに、それなりに、
家事をやりつつ過ごせていたのです。

そんなワタシが整理収納に目覚めたのは

ところがいざ、ムスメを授かってみると…子どもが一人増えるとモノが倍増!

子どもが1人増えるだけなのに、
モノが倍増どころか、すごい勢いで増えた我が家!

36才目前での初めての我が子に、
とにかく
便利グッズは手当たり次第!
流行りの子育てグッズも手当たり次第!
どんどん我が家のモノは増えていきました。

ですが、
その増えたモノ達は、
日々成長していく
ムスメの手の触れないように収納して
かつ、
使うときにすぐ出せないと意味がないのです。

慣れない育児と
子どもがいない時と同じレベルで家事をしないと!
という自分で勝手に決めた高いハードルに
ヘトヘトになった時
『どう収納したら家事が楽になれるかな?』
『どう収納したらとおちゃん手伝ってくれるかなあ?』
と悩やみはじめ、やったことが。。。

授乳中やムスメのお昼寝時間にできることから!笑

iPhoneで整理収納アドバイザーやライフオーガナイザーのblogを手当たり次第読んだり、
以前から知っていた大好きな整理収納アドバイザーのEmiさんの著書を読み漁ることでした。

こうしてワタシなりのお片づけを進めていったわけです。

資格をとるわけではなく、
自分なりの、まさに自己流のお片づけです。

仕事復帰後甘さに気付いた…

時間も気持ちにも余裕もない日々

仕事復帰後のワタシに待ってたのはまさに時間との競争の日々でした。

とおちゃんは早朝に家を出て帰ってくるのは毎日終電。

朝5時前に起きてその日の夕ご飯の準備。
洗濯物をバルコニーに干して、日中は常に空模様の心配をする。
仕事から帰ったら、まずは洗濯を取り入れ夕ご飯の配膳。
洗濯物を時間の許す限り畳んで
保育園の有料延長になるギリギリの時間に猛ダッシュでお迎えに。
ご飯を食べさせて、お風呂に入れて、
合間にムスメの相手やイヤイヤにお付き合い。
寝かしつけではなく、常に一緒に寝落ちが当たり前。

復帰前に自己満足で作った収納の機能しないことしないこと。。。

ムスメに対しても
夜中に仕事から帰ってくるとぉちゃんに対しても
イライライライラ。

常に
「なんでワタシばっかり!!!」
と思っていました。

片づけで家族が仲良くなる?

大切なのは収納の前の整理だということ

そこで改めて整理収納アドバイザーの勉強を始めたワタシ。
(アドバイザー1級取得は結局2016年の冬でした)
整理収納を勉強してやっと気付くんです
【収納】は後なんや〜〜〜!!!笑

まさに今までやってた自己満足の片づけは【収納】や【見た目重視】の片づけだったんです。

どうしても
綺麗に整えること
揃えることに目が向きがちですが
その前にしなければいけないことがあるんですよね。
それが【整理】です。

そして
【整理】をするときも
【収納】を考えるときも
忘れてはいけないことがあるんです。

何のために片づけるのか?

お家は家族みんなが過ごす場所だという事。
だれが使いやすいのがいいの?
だれのために収納を考えるの?
だれがラクしたいの?

整理収納したらそれでオシマイではなく
相手に合わせる、相手に寄り添うことが
とても大切だと
気付きをくれたのが
今ワタシがマスターインストラクター(認定講師)をしている
【親・子の片づけインストラクター】です。
詳しくはコチラ(研究所HP

ファミ片との出会いが転機に

いつも完璧でなくていい

私はファミ片
(親・子の片づけ=ファミリーの片づけ→略してファミ片)
に出会って
ものを見る角度が180度変わったように思っています。

完璧主義だったのは、
まぁいいかぁ〜
と思えるようにもなったし
ムスメを
自分の子どもとしてではなく
「1人のにんげん」として
接することができるようになってきました。
まだまだブチギレることもありますが…

そして大きいのは
ワタシが片づけ(ファミ片)を勉強したことで
家族がグンと仲良くなれたこと!

今の我が家は

ムスメの成長とともに
ワタシの家事への考え方も変わり(手の抜き方を覚えたともいう〜)
家族と一緒に片づけの仕組みを作っていくことで
インフルエンザで寝込んだ時も、
「かぁか、あれどこー?」
の声がかかることもなく
家がそれなりに回るようになってきました。

ムスメのオモチャや遊び道具は
普通のお家よりも多いと思うし、色数も多いです。
とおちゃんも相変わらず捨てられない人です。
ワタシ自身も掃除は相変わらず苦手だし、未だに何かにハマると収集癖が出ます。
決してシンプルでモノの少ないTHEアドバイザーの家
ではありません。

ですが、
家族がゴロゴロできて
「あぁ、家が1番落ち着くなぁ〜」
「居心地ええなぁ」
とゆったり過ごせるようになってきたと思っています。

そんな《今》のワタシだからこそお伝えできる
人の真似っこではない
その人らしさ、その家族らしさのある
家族みんなが心地よさを感じることのできる
お片づけをお伝えてしていきたいと思っています。

 

整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
ハギヤマジュンコ

掲載情報

わたしらしさを知る マイノートのつくりかた

わたしらしさを知る マイノートのつくりかた
Emi
大和書房
売り上げランキング: 21,299
p92〜93に掲載いただいています

わたしたちの「育児と子育て」

わたしたちの「育児と子育て」
マイナビ出版 (2018-09-26)
売り上げランキング: 13,467
 

No15で6ページ掲載いただいています

Copyrighted Image