◆家事のこと

◆ラップは1種類しか持ちません

当たり前のように使っていた

2種類のサイズのラップ
33センチと
22センチを
常備しているのが
当たり前でした。
画像はお借りしました。
旭化成サランラップHPはコチラ→→→
 
 
 
大きいお皿もあるし
お茶碗とかの小ぶりなものもあるし
この2サイズは当たり前?と
思ってたんですが
ワタクシ
そんな当たり前を手放しました!
今、
我が家には
22センチのワンサイズのみです!
ちなみに、ラップのケース
以前はシンプルなものに入れ替えて使ってましたが、切れ味が。。。
我が家のとおちゃん曰く
『餅は餅屋』
(ラップ屋さんは切れ味や使い心地等ケースにも相当こだわってるんやから入れ替える必要なし!!!)と。
まぁ、常に引き出しの中だしええかぁ?と今はそのまま使ってます
 
 
大きいサイズのお皿の時は重ねて二重にすれば間に合うし
ウチにある食器、このサイズでほぼまかなえる食器ばかりなんですよね…
なら、持たなくていいか
 
 
在庫管理も楽だし
使うときも、どっちのサイズ?って考えなくて済みます
↑これ、思ってる以上に気持ちが楽チンです!
ちなみに、我が家でラップを使うのは
●ご飯を冷凍する時
●とおちゃんの夕ご飯の保管の時
くらい。
余り物の保管の時にラップは使いません。
そんな時は、
蓋つきのタッパーに入れた方が
・中身が見える
・重ねられる
で便利だから^ ^
冷蔵庫公開?
常にガラガラの冷蔵庫…
 
 





 

ABOUT ME
ハギヤマジュンコ
ハギヤマジュンコ
楽しいお家作りは「間取り相談」で生まれる。 夫・ムスメと大阪に住んでいるワーママです。 おうち作りカウンセラー、整理収納アドバイザーとして活動中。 建築士としての経験と自分自身の家作りの経験があるからこそ、 「後悔のないお家作りをしてほしい」 「本当は、家作りって楽しいんです」 「家を建ててよかったと思えるお手伝いを」 をモットーに、ご家族目線の間取り相談をしています。 ■親・子の片づけインストラクター2級認定講座 ■おうち作りカウンセラー ■間取り相談 □一級建築士□親・子の片づけマスターインストラクター□整理収納アドバイザー1級

Copyrighted Image