├おうち作り 間取りについて

◆子ども部屋を将来2つに分ける場合、気を付けたいポイント

おはようございます。

間取りと片づけで家族を仲良くしたい!
【おうち作りカウンセラー】
一級建築士
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
ハギヤマジュンコです。

フレキシブルな間取りにするために

以前にもこちらのブログで書いたこともありますし、

「知らなきゃ損する!」10日間無料メール講座でも書いてるのですが(まだ読んでない方は無料なのでぜひご登録を)、

プライベートゾーンの子ども部屋を、細切れに計画せずに、大きく作っておいて子どもの人数に合わせて、また成長に合わせて将来的に割る。
と言った部屋をフレキシブルに使おうとするときの注意点を今日は書きます。

フレキシブルなのがどういいのか?というお話は↓をご参考に

あわせて読みたい
◆プライベートゾーン(2階)の使い方おはようございます。 一級建築士 整理収納アドバイザー 親・子の片づけマスターインストラクター かたづけ隊「おさんにんさん」の1...

フレキシブルな間取りの注意点

扉の位置

将来部屋を割ったときを想定して、あらかじめ必要な扉を計画しておく。もしくは、扉を付ける位置を想定して壁を計画しておく必要があります。

後者の場合は耐力壁にご注意を。

窓の位置

将来部屋を割るときに壁を作る、もしくは家具等を配置して部屋を割ることになるかと思います。

その際に壁や家具が取り付く窓の位置を見落としやすいです。ご注意を。

家具配置

現状の大きなお部屋では広々としているので気付きにくいですが、部屋を割ったときに必要となる家具が配置できるかを、今の段階でシュミレーションしておいてください。

特に要注意なのが「クローゼットの扉」。将来の家具配置後もちゃんと扉が開くかな?と確認を。

コンセント位置

現状の大きなお部屋の状態ででコンセントを計画しておきます。

部屋を割ったときに片方の部屋に偏っていないか?数が足りているか?また想定する家具配置の際に満足する位置か?再確認を。

まとめ

 

「いつか部屋を割れるよう」に作っておくならば、割ったときにどんなふうに使うかも現段階でしっかり考えてシュミレーションしましょう!
  • 扉の位置
  • 窓の位置
  • 家具配置
  • コンセント位置
に要注意です。






「おうち作り」取り返しのつかない10の失敗例


知らなきゃ損する!10日間無料メール講座
〜家を建てるなら損しないためにコレだけは知っておきたい〜
「おうち作り」取り返しのつかない10の失敗例

家作りに役立つ、ワタシが今まで聞いたことのある失敗談をまとめました。

すでに読まれた方からは、「もっと続きが読みたい!」「こんな失敗しないように家作りしようと思いました!」とご感想をいただいています。
ぜひ、あなたの家作りに役立ててください。

家を建てて本当に良かった!と思えるように!
もっと○○しとけばよかった!と後悔しないために!

 ご購読はコチラ


 
■お問い合わせはこちら■


・講師ご依頼

・執筆依頼

・各種ご相談はこちらから

お問い合わせ


 

アメーバ公式トップブロガーとしてブログ書いてます。
65点の暮らしかた、子育て、モノ選びなんかを綴っています。
フォローしてくてくれると嬉しいです。



 

最近よくお問合せいただく、
ハギヤマの家で実際に使っているものやおススメグッズを楽天ROOMに集めました。



 

インスタほぼ毎日更新しています。フォローしてくださるとうれしいです⚘
Follow Me

 

応援クリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村

にほんブログ村

合わせて読みたい

Copyrighted Image