◆お片づけのこと

◆衣替えと、子どもの洋服の手放し方

おはようございます。

間取りと片づけで家族を仲良くしたい!

【おうち作りカウンセラー】

一級建築士

整理収納アドバイザー

親・子の片づけマスターインストラクター

かたづけ隊「おさんにんさん」の1人

ハギヤマジュンコです。



この週末、ようやく扇風機を片づけた我が家です。


去年は10/26にそろそろ片づけたい!と書いてますね。

https://cocoti-yoi-kurashi.com/blog-entry-2052/

ブログを書いててよかったと思うのは年間のスケジュールがわかること。笑
我が家は、冬用の布団の返却は10月頭!扇風機を片づけるのは11月頭!ブログを検索かけると出てきます〜笑

 

扇風機を片づける役割が決まってます

 

扇風機をばらすのはとおちゃん、洗うのはワタシ、箱に入れて納戸になおすのはとおちゃん。
と役割分担が決まっています。

ただ単に、ワタシがうまくばらせない、自分が思うようにキレイに洗いたい、重いから2階に運びたくない!
だけなんですけどね 笑

ついでにエアコンも洗って冬準備完了です!

と一緒にムスメの服を見直しました

 

成長著しい4歳児(もうすぐ5歳)

ボトムスは2年くらい着れますが、トップスは物にもよりますが1年でサイズアウトがほとんど。

ワタシは季節が変わるころに洗濯の後、サイズアウトの確認はせずそのまま保管しています。

ワタシの性格上、「似合ってるし、来年も来てほしいな」と捨てれないことが多いので、最近では潔く季節をまたいで保管しているのです。

次の年見てみたら、明らかサイズアウトしていたり
黄ばんで見えたり、
ひとシーズン遅れて感じたり

不思議なことにワンシーズン寝かせることで気楽にポイポイとさよならできてしまいます。

それに譲る場合でも、これからすぐ着れる服を譲ってもらった方がうれしいですよね。

スペースに余裕がない方は

 

幸い、我が家は一人っ子でそんなお洋服を置いておく場所に余裕があります。

こんな風に上下チェンジするだけですが・・・


ご兄弟が多い!スペースに余裕がない!方はご自身に合った手放す方法を考えられたらいいですね。

今日のポイント


ココにはいるだけ!と決める。

ワンシーズンに着倒せる量の服しか持たない。

次のシーズンに持ち越す洋服の枚数を決めてしまう。

などなど・・・



さぁ、我が家はムスメの長袖のトップスがほぼ全て七分袖状態。

ロンティーはジャストサイズでシンプルなものを買うようにしています。洗濯してもよれにくい、無印さんで買い足します〜

募集中の講座・レッスン

 

親・子の片づけインスタラクター2級認定講座【オンライン】

リクエスト開催可能です。
お問合せください。
※必ず2日間受講してください。
※両日とも9:30~12:30
※オンライン講座につき、念のため13:00までご予定を確保ください。
オンライン受講のため、ご自宅で受講いただけます。
詳細はコチラ

起業ママへ!ビジネスに使えるInstagramレッスン【オンライン】

※リクエスト開催お受けします。

20~30世代ママはfacebook離れが進みInstagramがメインSNSとなってきています。

子育て中のママをターゲットにするのであれば、今はInstagramは欠かせないツールです。日々楽しく!postでき、その上でフォロワー様が増やせたら最高だと思っています。

インスタグラムの基本的な使い方から、ビジネスとして使っていくために必要最低限の知識、おススメの画像加工アプリ等をフォロワー2万人越えのハギヤマがお伝えします。

 

■お問い合わせはこちら■

・講師ご依頼

・執筆依頼

・各種ご相談はこちらから

お問い合わせ

 

アメーバ公式トップブロガーとしてブログ書いてます。

65点の暮らしかた、子育て、モノ選びなんかを綴っています。

フォローしてくてくれると嬉しいです。

 

最近よくお問合せいただく、

ハギヤマの家で実際に使っているものやおススメグッズを楽天ROOMに集めました。

 

インスタほぼ毎日更新しています。フォローしてくださるとうれしいです⚘

Follow Me

 

応援クリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

にほんブログ村

にほんブログ村

ABOUT ME
ハギヤマジュンコ
ハギヤマジュンコ
楽しいお家作りは「間取り相談」で生まれる。 夫・ムスメと大阪に住んでいるワーママです。 おうち作りカウンセラー、整理収納アドバイザーとして活動中。 建築士としての経験と自分自身の家作りの経験があるからこそ、 「後悔のないお家作りをしてほしい」 「本当は、家作りって楽しいんです」 「家を建ててよかったと思えるお手伝いを」 をモットーに、ご家族目線の間取り相談をしています。
合わせて読みたい

Copyrighted Image