└関わり方のこと

◆目に見える分かりやすい理由を伝える

我が家のムスメは4才。
絶賛、プリンセスとメルちゃんにハマり中。

誕生日が11月末で
クリスマスと続くこの時期は、
たくさんのオモチャや欲しいものを買ってもらえるパラダイスな時期…

もちろん意味なく買い与えることはしてないつもりですが、
1〜10月に買ってもらえない反動なのか。。。

テレビCMを見ては
「これも欲しかったなぁ」
本の広告ページを見ては
「今度はこれ買って欲しいなぁ」
なんて言う始末…

これはダメだ!
ちゃんと本当に欲しいものを考えて
自分で決めて欲しい!と思っていました。

-------

昨日のブログにも書きましたが
週末にムスメと2人梅田にお出かけをしていたのですが、
朝から晩まで電車移動、歩く、と続いていたので
家を出る前から
「頑張れたら、小さいオモチャを1つ買ってあげる」
と約束をしていました。

土曜の毎週末のお買い物の時もおやつをガマンして「明日オモチャ!」と言っていたのもあって…
このへん甘いなぁ、また買ってるよオモチャ
とは思ってるのですが…f^_^;

それにこの時期のオモチャ売り場は
サンタの陰謀なのか
子どもにとって夢のように魅力的なものがたくさん!
小さいものに目がいくはずもなく
欲しいのはどんどん大きいものに変わっていきます…

なのでまずはムスメと約束をしました。
「すぐに遊ばなくなるものじゃなくて、たくさん遊べるものにしよう」
せっかく買うオモチャ、長く遊んで欲しい

「買った後は自分で持てる大きさのものにしよう」

-------

【ムスメが持てる大きさのもの】
大人の事情もありますけどね…
ワタシが持ってあげることはできるけど
欲しかったものを買ってもらう

その代わり荷物になるし重い

それでも自分でお家まで持って帰れるもの!
を持ってみて、自分で感じて欲しかったからです。

初めはムスメも
「かぁか持ってくれたら大きいの買えるやん」
と言いましたが、
ワタシの左手はワークショップの荷物等ですでに塞がれてます。
「かぁかの、こっちのお手手は〇〇ちゃんと繋ぐお手手」
「〇〇ちゃんのこっちのお手手はかぁかと繋ぐお手手」
「そしたら、〇〇ちゃんの反対のお手手で持てるだけのオモチャを選ばんと待たれへんなぁ…」

大きなメルちゃんやリカちゃんシルバニアのお家に目をキラキラさせるけど
「これはこっちのお手手で待たれへんなぁ」

プリンセスの変身グッズ(ティアラやネックレスなんかのセット)も手に取ったけど
「これはすぐに壊れてしまうからやめよう」
前科あり…

レジの長い列に並んで買ってもらったオモチャ。
最後まで大事に自分で持って帰れました。

前も買ったからダメ!
それは大き過ぎるからアカン!
荷物いっぱいで待たれへんからダメ!

それでは買ってもらえない理由が分かりにくく
駄々をこねる可能性が出ます。

こんな時の声のかけ方も
目に見えるような分かりやすい物にすると
意外なほど素直にその条件に合うものを選ぶことができたのです。

いつでもなんでも好きなものを買ってもらえる!
ではなく、
こうやって考えて選ぶ
を少しずつでいいから覚えていって欲しいと思っています。

その前に、買い与えすぎを控えるべきですね…
【虹のお部屋】は既に大変なことになってます…

ABOUT ME
ハギヤマジュンコ
ハギヤマジュンコ
夫・ムスメと大阪に住んでいるワーママです。 建築関係の仕事をしながら、おうち作りカウンセラー、整理収納アドバイザーとして活動中。 超面倒くさがり、元々はお片づけ苦手(今も得意ではない…)なワタシだからお伝えできる 完璧でなくていい! ココに暮らす家族みんなの《ちょうどイイ》お片づけをお伝えしています。。。 ■親・子の片づけインストラクター2級認定講座 ■おうち作りカウンセラー ■間取り相談 □一級建築士□親・子の片づけマスターインストラクター□整理収納アドバイザー1級

Copyrighted Image