◆つぶやき

◆母親業のこと、片づけのこと

ここ最近、少し【ブログを書く】ことが、ワタシの中で重くなっていてなかなか書きたいことが見つからず悩んでいました。
それは
上手いこと書かなアカンとか
人を惹きつけることを書かなアカンとか
考えすぎてたからで、
今思ったら
そんなの誰も期待してなくて
そんな大物でも無いのに
勝手に自分で自分の首を締めていたという事に気付きました。
ワタシがこのブログで発信したい事って何やろう?
誰に読んでもらいたいんやろう?
それって何のためなんやろう?
-------
ワタシはムスメを育て始めた時に、産後鬱になりかけて、産後クライシスが激しくて、
1人で悶々としてる頃に携帯で気軽に読めるたくさんのブログに励まされました。
気張りすぎんでいいことや
ワタシだけが悩んでるんじゃ無いこと
そして整理収納に目覚めて、最終的にファミ片を知って、本当に本当に気持ちが楽になりました。
今は、ワタシのブログやInstagramが逆にそんなお母さんの気晴らしになれたらなぁという思いが強いです。
母親業って、できて当たり前でさらには完璧にできて当たり前と思われるけど、それは違う。
四六時中子どもと向き合うのはすごい大変やし、体力も精神力も相当必要。
その上、並行しての家事。
完璧じゃなくていいんだよ
今でも頑張れてるんだよ
自分を追い詰めなくていいんだよ
適当でもいいやん
その時その時のちょうど良いを見つけようよ
大切なのは、子どもを、家族を、【想う気持ち】だとワタシは思うから。
片づけだってそう。
ホンマは綺麗である必要なんて無い。
使う人が使いやすくて、片づけやすかったらそれでいい。
【綺麗】のレベル自体もそもそも人それぞれ。
SNSに惑わされず、自分が思う、家族が思うキレイが良いと思うのです。
そのためには【整理】をするとか
ある程度の【仕組みづくり】というのは必要となってくるけれど
うまく自分のストレスを解放する手段を見つけて欲しいなぁと思うわけです。
-------
そんな事を考えてたら
なんだ、何を悩んでたんやろう?
ワタシはワタシの思う人に向けてブログを書けば良いし
なんやかんや言う人は、お互いに必要としてないんだから気にする事ないやんかと思いました。
伝えたい人に伝えたい事を素直に書けば良いのかなぁとバァッと心のモヤが晴れたのです。
改めて原点に戻れた気がします。
つぶやきでした…

募集中の講座・レッスン

親・子の片づけインスタラクター2級認定講座【オンライン】

リクエスト開催可能です。
お問合せください。
※必ず2日間受講してください。
※両日とも9:30~12:30
※オンライン講座につき、念のため13:00までご予定を確保ください。
オンライン受講のため、ご自宅で受講いただけます。
詳細はコチラ

起業ママへ!ビジネスに使えるInstagramレッスン【オンライン】

※リクエスト開催お受けします。

20~30世代ママはfacebook離れが進みInstagramがメインSNSとなってきています。

子育て中のママをターゲットにするのであれば、今はInstagramは欠かせないツールです。

日々楽しく!postでき、その上でフォロワー様が増やせたら最高だと思っています。

 

間取り30分無料プラン相談

おうち作りで迷い中の方、間取りで迷子中の方、ハギヤマのサイトにたどり着いてくださりありがとうございます。

【間取り相談】ということをしている人がいるけど、どんな人?

いきなりそこそこのお値段のものに申し込むの勇気がいるわ!

間取り相談受けたいけど、どのプランが向いてるんやろう?

いろんな疑問があるかと思います。

30分という短時間ですが、オンライン上でどのプランが最適なのか、また、ハギヤマってこんな人ですよ~なんてお話しをする機会を設けました。

無料プラン相談

 

■お問い合わせはこちら■

・講師ご依頼

・執筆依頼

・各種ご相談はこちらから

お問い合わせ

 

アメーバ公式トップブロガーとしてブログ書いてます。

65点の暮らしかた、子育て、モノ選びなんかを綴っています。

フォローしてくてくれると嬉しいです。

 

インスタほぼ毎日更新しています。フォローしてくださるとうれしいです⚘

Follow Me

 

応援クリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

にほんブログ村

にほんブログ村



ABOUT ME
ハギヤマジュンコ
ハギヤマジュンコ
楽しいお家作りは「間取り相談」で生まれる。 夫・ムスメと大阪に住んでいるワーママです。 おうち作りカウンセラー、整理収納アドバイザーとして活動中。 建築士としての経験と自分自身の家作りの経験があるからこそ、 「後悔のないお家作りをしてほしい」 「本当は、家作りって楽しいんです」 「家を建ててよかったと思えるお手伝いを」 をモットーに、ご家族目線の間取り相談をしています。
合わせて読みたい

Copyrighted Image