◆お片づけのこと

◆ママが置いておきたい絵本はママの部屋に!


おはようございます。

間取りと片づけで家族を仲良くしたい!
【おうち作りカウンセラー】
一級建築士
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
ハギヤマジュンコです。

本について

ワタシもとおちゃんも毎月すごい量の本(ほとんどが雑誌・マンガですけど)を読むのでムスメにもできるだけ、多くの書籍に触れて欲しいと思っています。
ワタシもとおちゃんも大のマンガ好きなのでムスメにもマンガもいずれ読んでもらいたいです。
マンガから学ぶことってすごく多かったし、なにかを好きになる始めるとっかかりになることも多かったし、しんどい時とか辛い時もワタシはマンガに助けられました。

ムスメと絵本

ムスメに関してはまだ絵本がメインですが、やっぱり絵本もその年齢、その季節、その時にあったものを読んで欲しいなぁと思うわけです。
けど、現実問題として絵本置き場は限られたスペースしかありません。
半年〜3ヶ月に1度くらいはムスメも一緒に見直すようにしています。
そして、その見直しを経て【もう読まない】に分けられた絵本の行き先はと言うと…
  • 近くの2歳下の姪っ子へ譲る
  • あまりにボロボロなものは処分
  • ワタシのスペースへ移動
の3択です。
 
前置きが長くなりましたが、今日はその中の【ワタシのスペースへ移動する絵本】について…

ワタシのスペースに移動する絵本

ムスメがもう読まないと判断してもワタシ自身が踏ん切りのつかないモノがあります。
小さい頃の絵本は特に読み聞かせることで、ワタシの中にも愛着が湧いてしまうので…
そういう本は無理に手放さず、ワタシのスペースに思い出の絵本コーナーを作って置いておくことに。
いつか、もういいかなぁと思えたら図書館に寄贈なり、もらってくれる人に譲ったりを考えます。
夢は、孫に読み聞かせること。。。先は長いですね
ワタシのスペースとはお布団整理や、洋服の整理をして空いたこのスペース!
曾祖母からゆずりうけた本棚をここに入れて絵本を並べました。

ママの理由で残したいものはママの場所へ

ママが個人的な理由で置いておきたい【絵本やオモチャ】を子供スペースに一緒に置いていませんか???
ママの物はママのスペースに置くことで、子どもがいつも遊ぶ、いつも読む絵本が手に取りやすくなり、片づけやすくなりますよ。
ぜひぜひ、試してみてください^ ^
 


「おうち作り」取り返しのつかない10の失敗例


知らなきゃ損する!10日間無料メール講座
〜家を建てるなら損しないためにコレだけは知っておきたい〜
「おうち作り」取り返しのつかない10の失敗例

家作りに役立つ、ワタシが今まで聞いたことのある失敗談をまとめました。

すでに読まれた方からは、「もっと続きが読みたい!」「こんな失敗しないように家作りしようと思いました!」とご感想をいただいています。
ぜひ、あなたの家作りに役立ててください。

家を建てて本当に良かった!と思えるように!
もっと○○しとけばよかった!と後悔しないために!

 ご購読はコチラ


 
■お問い合わせはこちら■


・講師ご依頼

・執筆依頼

・各種ご相談はこちらから

お問い合わせ


 

アメーバ公式トップブロガーとしてブログ書いてます。
65点の暮らしかた、子育て、モノ選びなんかを綴っています。
フォローしてくてくれると嬉しいです。



 

最近よくお問合せいただく、
ハギヤマの家で実際に使っているものやおススメグッズを楽天ROOMに集めました。



 

インスタほぼ毎日更新しています。フォローしてくださるとうれしいです⚘
Follow Me

 

応援クリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村

にほんブログ村

合わせて読みたい

Copyrighted Image