◆モノの選び方

◆すり鉢いる?いらない? すりゴマを常備するかすり鉢を持つか

お料理が得意でないワタシ。
オイシックスに頼った時期もあったし、作り置きを頑張った時期もあったし、
今はあんまり頑張りすぎないことが1番かなぁとゆるく向き合うことにしています。
でも、常備菜が1品あるだけですごく気持ちが楽になるので何かしら、多めに作って常備菜としてます。

お料理が苦手な理由

ワタシが料理を得意!好き!と思えないのはストック管理が大変だからかなぁ?と最近気付きました。
洗濯でも、掃除でも使う物の種類はそんなになくてストック管理って少なくないですか?
それに比べて料理は
肉・魚・お米・野菜・調味料に乾物・豆類。。。
それ以外にもラップやホイル、洗剤まで…
しかも、それらを組み合わせて作って片づけていくので
何か足りないと作れなかったり、代用品を探してみたり
アレが無くなった、コレももう無くなると管理するのがシンドイ…
あとは、逆も然りで
買ったのに賞味期限切れを出してしまうストレス
食べなきゃ!
なにかこれで作らなきゃ!
それがシンドイ〜
忘れっぽい人なので、賞味期限とうに切れた状態で発掘されることも多々あり…
捨てる時の罪悪感と見ないふりをしてる自分もイヤ…

ゴマの話

以前はゴマも、白ゴマ、黒ゴマ、すりゴマの3種を揃えていましたが
最近は白ゴマのみ!!!
本当に適当なので『白も黒も味、変わらんわ』なのです…
そして、すりゴマは、すり鉢ですったほうが、香りもたって美味しいし!
なんて、かっこいいこと言うてますが、ストック管理がイヤなだけ。
ドレッシングも以前は買ってましたが、我が家とおちゃんがドレッシング嫌い、ムスメもあまり好まない、という状態でして。
以前、みどりさん家にお邪魔した時にご馳走になったドレッシングにハマってからは週2で作るようになりました〜
ゴマドレなんですが、それもこのすり鉢でゴマをすって混ぜるのも全部すり鉢の中!!!
テーブルにもこのまま出しちゃいます〜
すり鉢は両親が常滑に旅行に行った時のお土産?
手のひらサイズで使いやすいデス。
 

まとめ

専用の物(今回であればすり鉢)を持つのがイヤという方もいれば、
ワタシのように食材の種類(ゴマの種類)を持つことがシンドイ人もいます。
自分に合う方法を見つけられて
ストレスフリーな暮らしができればいいですよね

募集中の講座・レッスン

親・子の片づけインスタラクター2級認定講座【オンライン】

リクエスト開催可能です。
お問合せください。
※必ず2日間受講してください。
※両日とも9:30~12:30
※オンライン講座につき、念のため13:00までご予定を確保ください。
オンライン受講のため、ご自宅で受講いただけます。
詳細はコチラ

起業ママへ!ビジネスに使えるInstagramレッスン【オンライン】

※リクエスト開催お受けします。

20~30世代ママはfacebook離れが進みInstagramがメインSNSとなってきています。

子育て中のママをターゲットにするのであれば、今はInstagramは欠かせないツールです。

日々楽しく!postでき、その上でフォロワー様が増やせたら最高だと思っています。

 

間取り30分無料プラン相談

おうち作りで迷い中の方、間取りで迷子中の方、ハギヤマのサイトにたどり着いてくださりありがとうございます。

【間取り相談】ということをしている人がいるけど、どんな人?

いきなりそこそこのお値段のものに申し込むの勇気がいるわ!

間取り相談受けたいけど、どのプランが向いてるんやろう?

いろんな疑問があるかと思います。

30分という短時間ですが、オンライン上でどのプランが最適なのか、また、ハギヤマってこんな人ですよ~なんてお話しをする機会を設けました。

無料プラン相談

 

■お問い合わせはこちら■

・講師ご依頼

・執筆依頼

・各種ご相談はこちらから

お問い合わせ

 

アメーバ公式トップブロガーとしてブログ書いてます。

65点の暮らしかた、子育て、モノ選びなんかを綴っています。

フォローしてくてくれると嬉しいです。

 

インスタほぼ毎日更新しています。フォローしてくださるとうれしいです⚘

Follow Me

 

応援クリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

にほんブログ村

にほんブログ村

ABOUT ME
ハギヤマジュンコ
ハギヤマジュンコ
楽しいお家作りは「間取り相談」で生まれる。 夫・ムスメと大阪に住んでいるワーママです。 おうち作りカウンセラー、整理収納アドバイザーとして活動中。 建築士としての経験と自分自身の家作りの経験があるからこそ、 「後悔のないお家作りをしてほしい」 「本当は、家作りって楽しいんです」 「家を建ててよかったと思えるお手伝いを」 をモットーに、ご家族目線の間取り相談をしています。
合わせて読みたい

Copyrighted Image