├おうち作り 設備・内装

◆窓は失敗しやすい!失敗しないためには……

おはようございます。

おうち作りカウンセラー ハギヤマジュンコです。

間取りがある程度固まってくると、窓で悩む方が多いです。

窓の位置。

窓の形状。

窓のサイズ。

窓の防犯対策。

などなど

そんなときは、まず基本に戻りましょう。

その窓は何のために付ける窓なのか?

 

部屋を明るくしたい窓→サイズ・位置・形状が大きく関わってきます。

部屋の通風を確保したい窓→形状・位置・サイズが大きく関わってきます。

とりあえず付ける窓(そんなのあるの?)→防犯対策を考えましょう。

1階にある窓→防犯対策必須です

子ども部屋の窓→防犯対策、落下防止対策が必要な場合も

楽器を演奏するための部屋の窓→防音対策をしましょう。

外から見られたくない部屋※の窓→位置(高さ)・ガラスの種類・形状を考慮しましょう。
※お風呂、洗面、トイレ、隣地の窓とバッティングする窓など

よくある失敗

  • 外観を優先しすぎて、居住空間の居心地が後回しになった。
  • 1階の部屋に掃き出し窓を作ったけど、出入りはしないし、防犯上不安がある。
  • お隣さんの窓の位置を確認してハイサイドにしたけど、逆にお隣さんの2階バルコニーからの目線が気になる
  • 開けもしない高さなのに開閉できる窓にした。FIXでよかった……予算削減できたのに。
  • 窓を付けすぎた。もう少し少なくてもよかったかも。
これ実はすべて我が家の失敗!

ワタシ以外にも
予算削減でシャッター付けなかったけど、昨今の台風で激しく後悔されてる方、
お子さんが生まれた見たら全員女の子で子供部屋が1階、窓に縦格子付けておけばよかった!という方、
大きいほうがいいと、リビングに大開口をつくってカーテン代に腰を抜かしそうになった方、
など、いろんな方に出会っています。

家を建てた後の後悔で多いのが、やり直しが難しい「スイッチ」と「窓」な気がします。

まとめ

 

窓は、あれば明るいですが、真夏は暑かったり、断熱性能が落ちたり。それ以外にもお掃除の手間、カーテン代もかかる。

適材適所に、必要な形状、必要な数を見極めていくのが大切です。

といってもそれが難しいのですが……

ということで、悩んだら「この窓何のために付けるんだっけ?」と自分に聞いてみてください。

おまけ その他の窓に関する記事集めました

 

◆窓を計画するときに大切な5つのポイント

◆間取り相談〜4〜窓って形によって違うもの?

◆窓ガラス 選び方のポイント

◆窓枠 有り無し選べるって知ってますか?

「おうち作り」取り返しのつかない10の失敗例


知らなきゃ損する!10日間無料メール講座
〜家を建てるなら損しないためにコレだけは知っておきたい〜
「おうち作り」取り返しのつかない10の失敗例

家作りに役立つ、ワタシが今まで聞いたことのある失敗談をまとめました。

すでに読まれた方からは、「もっと続きが読みたい!」「こんな失敗しないように家作りしようと思いました!」とご感想をいただいています。
ぜひ、あなたの家作りに役立ててください。

家を建てて本当に良かった!と思えるように!
もっと○○しとけばよかった!と後悔しないために!

 ご購読はコチラ


 
■お問い合わせはこちら■


・講師ご依頼

・執筆依頼

・各種ご相談はこちらから

お問い合わせ


 

アメーバ公式トップブロガーとしてブログ書いてます。
65点の暮らしかた、子育て、モノ選びなんかを綴っています。
フォローしてくてくれると嬉しいです。



 

最近よくお問合せいただく、
ハギヤマの家で実際に使っているものやおススメグッズを楽天ROOMに集めました。



 

インスタほぼ毎日更新しています。フォローしてくださるとうれしいです⚘
Follow Me

 

応援クリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村

にほんブログ村

合わせて読みたい

Copyrighted Image