├おうち作り あるある・トラブル

◆方位のメリット・デメリット

おはようございます。

間取りと片づけで家族を仲良くしたい!
【おうち作りカウンセラー】
一級建築士
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
かたづけ隊「おさんにんさん」の1人
ハギヤマジュンコです。

方位のメリット・デメリット

 

以前、「方位ってどっちがいいの?」という記事を書きました。

あわせて読みたい
◆新築時にチェックしたい!方位ってどっち向きがいいの? おはようございます。 間取りと片づけで家族を仲良くしたい! 【おうち作りカウンセラー】 一級建築士 整理収納アドバイ...

 

今日は方位の一般的なメリット・デメリットを書きたいと思います。

(一般的ということに注意くださいね。周辺状況や敷地形状なんかによって、メリットもデメリットも変わる場合があります)

みんながこぞって選ぶ南です。

メリット

  • 日当たり良好
  • 1日を通して日当たりがいい

デメリット

  • 土地価格が高い!
  • 家を建てるという点では、南向き→南に道路があるということです。
    ということは、玄関が必然的に南に来る場合が多く、LDKの配置が難しくなります。
    また駐車場やアプローチの関係で南側に大きな庭を取ることが難しくなる場合もあります。
    ※この辺りは設計次第でフォロー可能です。

メリット

  • 朝から日が差すこと
    (朝から太陽を浴びることは体内時計を整える意味でもいいとされてますよね)

デメリット

  • 昼以降は日が当たらない
 

西

メリット

  • お昼以降に日が差す
  • 冬の西日はとても暖かいです
    (太陽高度が低いため部屋の奥まで光が届きます)
  • 日照時間が1番長いのも西向きです

デメリット

  • 西日が強い(夏の西日は強烈です)

メリット

  • 夏場に涼しい
  • 土地価格がお安め

デメリット

  • 直射日光ではないホワッとした光が1日入ってきます。
  • 他の方位に比べて暗い、日の入りは悪かな。
 

まとめ

 

つらつらーっと思いつくものを書いてみました。

ただ、
日の入り方、暖かさ(暑さ)等の感じ方は人それぞれです。また生活スタイルも違いますよね。

例えば、
日中はほとんど家にいない、洗濯はドラム式なんて方は土地価格の高い南向きを敢えて選ばなくてもいいのかな?と思いますし、

夜勤のあるお仕事をしていて、朝はゆっくり寝たいんだ!という方であれば東向きを避けるとか…

土地を選ぶ時だけでなくて間取りを決めて行く上での
  • お部屋の位置
  • 窓の位置
も方位を考慮してもらうといいかなぁと思います。

 

ちなみに、我が家は
道路は北・東の2方向。
玄関は北。
お庭は西向き。(ウッドデッキも西向き)
冬でも割と暖かです⚘
言い換えれば夏はなかなかの暑さです。。。
→今年は夏の暑さにオーニングを考え中…
寝室の窓は東側なので、土日のゆっくりしたい朝も太陽の光で目が覚めます…遮光カーテン必須です!笑

間取りや、窓の位置は後から変えることはできません。
よくよく考えましょう〜




「おうち作り」取り返しのつかない10の失敗例


知らなきゃ損する!
「大満足の家作りをするために」

 

せっかくの家作り「不」を持つのではなく楽しんで欲しい!

(だって一生に一度、自分のお城を作れる機会ですよ!?)

そして、できた家には満足して欲しい!

そのために、ワタシの知識や経験や情報をご提供したい!

 

そんな想いをいっぱい込めて、

お家作りをされる方に少しでも役立つ情報を月に3~4回メールでお送りしています。

また、「間取り相談」のお申込み開始案内も優先的にお知らせしています。

ぜひ、あなたのより良い家作りにお役立てください♪

今だけ「お家作りのチェックリスト」プレゼント中。

 ご購読はコチラ


 

講師ご依頼

執筆依頼

各種ご相談はこちらから

お問い合わせ

お急ぎの場合は

contact@cocoti-yoi-kurashi.com

までご連絡ください。

 

アメーバ公式トップブロガーとしてブログ書いてます。
65点の暮らしかた、子育て、モノ選びなんかを綴っています。
フォローしてくてくれると嬉しいです。



 

最近よくお問合せいただく、
ハギヤマの家で実際に使っているものやおススメグッズを楽天ROOMに集めました。



 

インスタほぼ毎日更新しています。フォローしてくださるとうれしいです⚘
Follow Me

 

応援クリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村

にほんブログ村

合わせて読みたい

Copyrighted Image