├お客様の声

◆間取り相談のご感想をいただきました

おはようございます。

間取りと片づけで家族を仲良くしたい!
【おうち作りカウンセラー】
一級建築士
整理収納アドバイザー
親・子の片づけマスターインストラクター
ハギヤマジュンコです。

間取り相談のご感想

1月からご案内している
今現在
2月のお客様とご相談の進行中なのですが、LINEのやり取りの中で嬉しいご感想をいただいたのでご紹介させていただきます。
※プラン②でお申し込み中のお客様です。掲載了解いただき、ありがとうございます〜

以下ご感想です…

私がハギヤマさんと連絡とりあってから

急に携帯で間取り図を写メしたりしだしたから、

主人が不思議がったので経緯を話したら
「どっちの間取り図が自分達の生活にあってるか、
動線が良いか素人判断でわからんし、
そのサービスすごく良いね」
といってました。
私は、
子供がいるので、
なかなか対面(どこかに出向いて相談をすること)で身動きがとれないので、
LINEサービスありがたいです。
主人は、

「これから、そういうサービス需要が増えるんじゃない?」と言っています。

うちの父も

どこのメーカーにも属していない第三者の意見だから信頼できるよね
と言ってましたよ。

子育て中の外出は難しいから、間取り相談はLINEなんです

本当に嬉しいご感想をありがとうございます。
ワタシが整理収納アドバイザーに出会ったのもムスメの授乳中でした。
出掛けることも制限があり
(授乳だったり、お昼寝だったり、オムツ替えの場所だったり)
電車に乗ることがものすごく高いハードルに感じたり、お出かけ自体すごく億劫な頃がありました。
対面ではなくLINE相談はそういったところをカバーできる良さがあるなぁと思っています。
 
 
↑のお客様とは
約1週間で100通以上のLINEのやり取りをしているところです。

間取り相談への想い 

ハウスメーカーを決める時、土地を決める時、どうしても営業マンは自社の利益優先になってしまうことがあります。
本当に信用していいのか?
誰の意見を信じたらいいのか?
本音はどう思ってるのか?
疑心暗鬼になるのは当然です。
しかも、家づくりなんてほとんどの方が一生に一度しか経験しません。
分からないことだらけでいいと思います。
その中で自分たちの中に基準になるものを持って冷静に判断して
本当に自分たち家族が望む理想のお家づくりをすることは
正直精神的にもしんどいことも多いし、疲れて辞めてしまう方も見てきています。
建築業界に長く携わる身として、
せっかくのお家づくり、笑顔で楽しんで欲しい!
それがワタシの一番の願いです。
どのメーカー、どの不動産屋さんを選ばれてもワタシの利益にはなりません。第三者です。
なので、公平な目でご意見を申し上げています。
そして、大切なのは最後に決めるのはご家族ご自身と言うこと。
ワタシはアドバイスはできますが、決めることはしません。いえ、できません。
自分達で決めた事だからこそ、自信を持って次に進めると思うので。
そこに辿り着ける【地図】の役目がワタシです。
どの【ルート】を通るのか、どの【ゴール】に決めるのかはご家族です。
今回のお客様は、まだまだお家づくりが始まったばかりです。
これから、いいお家づくりができるように
まだまだ、寄り添わせていただこうと思っています。

「おうち作り」取り返しのつかない10の失敗例


知らなきゃ損する!10日間無料メール講座
〜家を建てるなら損しないためにコレだけは知っておきたい〜
「おうち作り」取り返しのつかない10の失敗例

家作りに役立つ、ワタシが今まで聞いたことのある失敗談をまとめました。

すでに読まれた方からは、「もっと続きが読みたい!」「こんな失敗しないように家作りしようと思いました!」とご感想をいただいています。
ぜひ、あなたの家作りに役立ててください。

家を建てて本当に良かった!と思えるように!
もっと○○しとけばよかった!と後悔しないために!

 ご購読はコチラ


 
■お問い合わせはこちら■


・講師ご依頼

・執筆依頼

・各種ご相談はこちらから

お問い合わせ


 

アメーバ公式トップブロガーとしてブログ書いてます。
65点の暮らしかた、子育て、モノ選びなんかを綴っています。
フォローしてくてくれると嬉しいです。



 

最近よくお問合せいただく、
ハギヤマの家で実際に使っているものやおススメグッズを楽天ROOMに集めました。



 

インスタほぼ毎日更新しています。フォローしてくださるとうれしいです⚘
Follow Me

 

応援クリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ
にほんブログ村

にほんブログ村

合わせて読みたい

Copyrighted Image